So-net無料ブログ作成

オランダ美術館、ナチス略奪品を多数所蔵か 来歴調査で判明



 オランダ美術館、びっくり。

 常に世の中を見つめていないといけないなぁと思いました。

 オランダ美術館協会は29日、国内の美術館が所蔵している作品の来歴を調査した結果、マチスやカンディンスキーの名画など139点に、第2次世界大戦中にナチス・ドイツがユダヤ人などから略奪したものである可能性があることが分かった、と発表した事を改めて見つめ直す機会になりました。

 可能ならば、美術館側から元の所有者の親戚または相続人に連絡を取るとウェブサイト上で述べている事の影響を正面から見つめてゆきたいと思います。



集団レイプの罰則は「草刈り」、抗議署名に100万人 ケニア



 集団レイプの罰則は「草刈り」って、、。要注目です。

 システム全体の完全な失敗であり、ケニア警察当局の対応は完全に恥ずべきものだと、オンライン請願書を開始したネビラ・アブドルメリク氏は述べている事を検索したら、何がわかるんだろうかと思いました。

 リズさんは、暴行を受けた際か汚水溝に投げ込まれた際に背骨を骨折し、以来車椅子での生活を強いられているほか、深刻な内臓損傷を受けた事の動向を改めて考えさせられたと思います。

 物事には一長一短があるなぁと思いました。



「雷の都」の名に恥じぬ落雷を観測 南ア・ヨハネスブルク



 「雷の都」の名に恥じぬ落雷を観測だとか、、。要注目です。

 このニュースは、大丈夫かと思いました。

 世界一雷の多い街と自称している都市の一つ、南アフリカ・ヨハネスブルクで26日、すさまじい落雷が観測された事の今後の推移を注意深く捉えてゆく必要があると思います。

 自分はこのニュースとどう向き合おうかと思いました。



<14年秋冬サンパウロ・コレクション>開幕祝い地下鉄でファッションショー



 <14年秋冬サンパウロ・コレクション>開幕祝い地下鉄でファッションショーって、、。ほぉ、、。

 ブラジル・サンパウロで10月28日から11月1日まで14年秋冬サンパウロ・ファッションウィークが開催されている事の動向をじっくり考えさせられたと感じました。

 他のブログ主はどう思っているのか気になりました。

 このニュースをよく勉強したいと思いました。



南ア芸術家の作品集めた展覧会、独ドレスデンで開催



 南ア芸術家の作品集めた展覧会か。びっくり。

 世界各国からおよそ50人の芸術家が作品を出展する事の今後をきちんと見つめてゆく必要があると感じました。

 色んな記事を書いてると、他の人の意見に常に耳を傾けたいと思いました。

 南アフリカの国立芸術評議会と仏アンスティチュ・フランセの後援で、パリのメゾン・ルージュ―アントワン・ド・ガルベール財団が主催する事をチェックしておこうと思いました。



酔って馬を殴ったサッカーファンが禁錮刑に



 禁錮刑になのか。驚き。

 読者の皆さんは、どう思ったでしょうか。

 14歳のシャイア種の雑種、バドは日刊大衆紙で最も勇敢な警察の馬と称された事が心配になりました。

 行為により警察官は馬から振り落とされ、重大な損傷を受ける危険性があったと述べ、12か月の禁錮刑を言い渡した事の推移を改めて認識したと思いました。



<14年秋冬ブライダル・コレクション>クリストス



 <14年秋冬ブライダル・コレクション>クリストス、、。大変だな。

 いつブログを見てくれているんだろうか、感謝したいと思います。

 このニュースを心に留めておこうと思いました。

 米ニューヨークで11日、クリストスが14年秋冬ブライダルコレクションを発表した事の今後の方向性を改めて認識したと思います。



米中学生を殺人未遂で逮捕、学校に銃と弾薬400発持ち込む



 学校に銃と弾薬400発持ち込む、、。とても印象的。

 地元警察が発表した事のこれからの方向性をちゃんと受け止めたいと思いました。

 後で読むためのメモ。

 米国では今週、学校内などでの殺人や死亡事件が立て続けに3件起きたばかりという事か、ふむふむ。なるほどなぁ、考えさせられました。



豪山火事は軍の演習が一因、消防当局発表



 豪山火事は軍の演習が一因、印象的。

 この最大の山火事について、ニューサウスウェールズ州地方消防局のシェーン・フィッツシモンズ局長は23日、先週16日に軍の演習で使用された爆発物が出火原因だと断定したと発表した事をじっくり見つめ直したいと思います。

 少しづつイイコメントにしてゆきたいと思いました。

 気温の低下により、大規模な火災が続く数か所では火の勢いが弱まったものの、24日時点でいまだ66か所で延焼が続いており、うち24か所では火勢が衰えていない事に注目が集まっていると思いました。



マンU、ソシエダ戦を控え最終調整



 ソシエダ戦を控え最終調整 欧州CLなのか。、ん?。

 割と複雑な問題かなぁ。一見そうじゃなくても、そうっていう場合もあるし、見極めないとなぁ。

 このニュースを正面から捉えて直視する事の重要性を認識しました。

 サッカー欧州チャンピオンズリーグ2013-14、グループAのレアル・ソシエダ戦を控えるマンチェスター・ユナイテッドは22日、マンチェスター市内で練習を行った事の方向性を注視してゆきたいと思います。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。