So-net無料ブログ作成

93歳の男に禁錮10年、仏最高齢の被勾留者



 93歳の男に禁錮10年だとか、、。驚いた。

 マルセルじいさんことギヨ被告は、好意を持っていた当時82歳の女性から冷たく拒絶されたことを恨んで殺害を計画したと認定された事を詳しく知りたいと思いました。

 遺体には強く殴打され、首を絞められた痕があった事のこれからの方向性を冷静に考えさせられたと思います。

 気になった人も多いのではないでしょうか。



ヒートがピストンズに勝利、ジェームズがトリプルダブル達成



 ヒートがピストンズに勝利って、、。驚き。

 13-14NBAは28日、各地で試合が行われ、マイアミ・ヒートが110-78でデトロイト・ピストンズに勝利した事の今後の影響をちゃんと見つめ直したいと思いました。

 おおお、後からちゃんと読もう。

 ヒートのレブロン・ジェームズは、この日17得点10リバウンド12アシストを記録し、通算37度目、今季は初めてとなるトリプルダブルを達成した事に関心が集まるのか、なるほどなぁ。



福島第1原発で作業員死亡、土砂に埋まり



 土砂に埋まり、、。びっくりだなぁ。

 男性は、コンクリート構造の建物の端を掘削し、建物基礎の下部を点検していたという事のこれからの方向性を深く考えてゆきたいと感じました。

 少しづつイイコメントにしてゆきたいと思いました。

 際に大きなコンクリートの塊が土砂とともに崩れたという事の詳細を知りたいと思いました。



ナダルが逆転勝ちで4強入り、ソニー・オープン



 ナダルが逆転勝ちで4強入りですか。びっくり。

 テニス、ソニー・オープン2014は27日、男子シングルスの準々決勝が行われ、大会第1シードのラファエル・ナダルは4-6,6-2,6-4で第12シードのミロス・ラオニックに逆転勝利し、準決勝に進出した事の今後の推移をちゃんと受け止めたいと思いました。

 まだ、知らない事があるんだろうなと思いました。

 この大会で過去3度決勝で敗れているナダルだが、第3セットの最初のマッチポイントでラオニックがスピンをかけたサーブを大きく外すと、勝利を手にした事を客観的に捉える事の重要性を痛感しました。



元F1ドクター、シューマッハ氏初期治療での「過失」を指摘



 元F1ドクターなのか。ほぉ、、。

 何やら興味深い記事です。

 フォーミュラワンの元チーフドクター、ゲイリー・ハートスタイン氏は26日、スキー中の事故で重傷を負ったミハエル・シューマッハ氏の治療について、初期段階での重大な過失が容態を悪化させた可能性があるとして、回復の見込みが日を追うごとに下がっている状況を指摘した事を調べてみたいと思いました。

 2012年までF1の医療団代表を務めたハートスタイン氏は自身のブログで、多くの場合で信頼のおける情報筋からの話によればドイツ人ドライバーのシューマッハ氏が受けた初期治療には、問題があったようだと語っている事の動向を深く受け止める必要があると思いました。



<動画>ユダヤ教衣装の展覧会、イスラエル博物館



 <動画>ユダヤ教衣装の展覧会ですか。なるほど、、。

 色んな事が起こるね。勉強になる。

 このニュースは、興味深い話題だなぁ。

 エルサレムのイスラエル博物館で11日から、ユダヤ教の衣装の展覧会DressCodesが開催されている事のこれからの重要性を注視してゆく必要があると思いました。



ジョコビッチが8強、紳士的プレーに拍手もらう



 紳士的プレーに拍手もらう ソニー・オープンって、、。印象的だなぁ。

 テニス、ソニー・オープン2014は25日、男子シングルスの4回戦が行われ、大会第2シードのノバク・ジョコビッチは6-3、7-5で第16シードのトミー・ロブレドを下し、準々決勝進出の切符をつかんだという事の動向をちゃんと見つめてゆきたいと思います。

 ブログの読者様に感謝をしたいといつも思っています。

 スポーツとフェアプレーには大切なものだと思っている事にどんな意味があるのか、気になりました。



イジェン火山の「青い炎」、インドネシア



 イジェン火山の「青い炎」か。びっくり。

 インドネシア・東ジャワ州イジェン火山の火口で撮影された青い炎という事の動向がどうなってゆくのかと感じました。

 色々と書くのも難しいなぁ。なかなかうまくいかない。

 このニュースについてよく知りたいと思いました。



怒り隠せないロナウド



 怒り隠せないロナウドですか。要注目です。

 試合はピッチ上で勝つだけではなく、外部からの助けも影響を受ける自分のPKはエリアの外だったかもしれないが、それ以外にもたくさんの間違いがあった事を検索したら、何がわかるんだろうかと思いました。

 世界年間最優秀選手FIFAバロンドールに輝いたレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが、FCバルセロナとのクラシコを担当したアルベルト・ウンディアーノ・マジェンコ主審を批判した事の今後を冷静に考えさせられたと思います。

 どうやって書いたらいいんだろうか。日々試行錯誤です。



アトレティコ、快勝でリーガ首位に浮上



 快勝でリーガ首位に浮上か。びっくり。

 13-14スペイン1部リーグは23日、第29節の試合が行われ、アトレティコ・マドリードは2-0でレアル・ベティスに勝利した事のこれからの重要性を改めて見守ってゆきたいと感じました。

 なるほどと思いました。

 拮抗した展開で迎えた後半10分、ベティスのブライアン・ロドリゲスが故意のハンドでこの試合2枚目のイエローカードを受け退場処分となり、敵地に乗り込んだアトレティコに試合の流れが傾いた事を検索してみようと思いました。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。